2011年10月29日

大王製紙問題

大王製紙の前会長が子会社から、多額の借り入れをし、その半分以上の50億円が返済されていない問題ですが、この創業者一族に逆らえなかった企業風土が原因みたいですね。会社のお金を自分の小遣いのように使っていたのでしょう。会社が小さいときは、会社のお金と自分のお金はいっしょみたいなものですが、これだけの大企業になると、創業者一族と言っても、立ち入れない部分があるはずなのですが・・・。この返済されないお金は、カジノや株取引・FX取引などのマネーゲームに使われたようです。とんでもないことをした前会長ですね。
posted by FX会社 at 08:29| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

FXを副業に

FXとは外国為替証拠金取引のことで、外国通貨の売買を一定の保証金を担保に、その保証金の何倍もの取引単位で売買が行える金融商品です。今では規制により25倍になっています。

FXはインターネットで気軽に取引できますし、時間も自由ですから、副業として注目されているみたいです。「時間がない…」「知識がない…」といった理由で敬遠するかもしれませんが、自動売買システムというものが各社に揃っていますので、運が良ければ、臨時収入を得られるかもしれませんね。
posted by FX会社 at 08:43| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

美容の秋

暑い夏が終わり、運動会が盛んな季節になってきました。涼しくなってくると、食欲もわいてきますし、行動的になれるのですが、夏の疲れも出てくる時期でもありますね。

お肌も一緒で、夏の疲れた肌をケアしなければならない季節ですね。集中美白美容液のホワイトショット で、お肌ケアを入念にしてみましょう。美容の秋ですから・・・。
posted by FX会社 at 09:26| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

毛髪を育てよう

健やかな毛髪を育てるには、まず頭皮の健康状態を保つ事がポイントです。清潔にすることが一番ですが、それなりのケアもしておきたいものです。ストレス社会で、何かと健康への悪影響が多い今の世の中では、すすんでヘアケアもしておきたいですね。

アロエ525 は、アロエの優れた保湿力で乱れたヘアサイクルを整え、男女の薄毛を予防する効果があります。薄毛や抜け毛でお悩みでしたら、一度試してみることをおすすめします。
posted by FX会社 at 15:04| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

FXをスマートフォンで行うユーザーが急増中

株式会社サイバーエージェントFXでは、この度個人投資家によるFX取引の形態に関する動向調査を行ないました。その結果、スマートフォンでFXを行うユーザーが急増していることがわかりました。

昨年8月の「レバレッジ規制」以降、個人投資家の投資動向が注目されていました。そこでこの度、取引売買高を調査したところ、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末経由の取引売買高が昨年8月と比べて2011年3月時点でおよそ2.3倍にまで増加していることがわかりました。

特に、モバイル端末の中でもスマートフォンを利用した取引にフォーカスすると、昨年8月と比べて約4倍と大きく伸びているそうです。これについては、iPhoneや、AndroidOS搭載端末の機種数増加、及びスマートフォン利用者の急増に合わせて、スマートフォン専用のFXトレードツールアプリ「FX Cymo」を提供し、スマートフォン上においても快適なFX取引環境を提供できたことが要因と考えられます。

 今後も取引環境が向上し、様々なサービスが拡充されることでますます利用者が増えていきそうですね。


posted by FX会社 at 06:55| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

FXシステムトレードに注目

以前はそれなりに利益を出していたFX投資家の中にも、リーマン・ショック後はなかなか利益が出せなくなっている人が多いようです。

 その理由のひとつは、円キャリートレード(金利の低い円を借りて高金利外貨に投資する取引)の流れが終焉し、外貨を買えば利益が出るというトレードスタイルが通用しなくなったからです。円安基調でもあったその当時は、高金利通貨を買うことでスワップ金利を得ることで利益を上げることができました。

 しかし、リーマン・ショック後は値動きが激しくなり、トレンドが急に反転することもあり、損切りが遅れると大きな損失を抱えてしまうことが多くなったのです。そこで、機械的に利益確定や損切りを実行してくれるシステムトレードが注目されているというわけなのです。

 ALL外為比較を運営するSBIホールディングスの渡部純一氏はこう指摘します。

「以前は自分で判断して買ったり売ったりするトレードが主流でしたが、リーマン・ショック以降、大きな損失を抱えてしまう人も増え、自分の判断だけでは勝てない、と考える人が多くなりました。また、自分でルールを決めて売買している人の中にも、いざというときに損切りを躊躇してしまい、想定よりも大きな損失を抱えてしまう人も増えました。

 そうした中で、機械的に取引したほうが損失が広がらないのではないか、ということになり最近、システムトレードが注目されてきたのです」
 
 一口にシステムトレードと言ってもいろいろあります。「晴れだったら買い」「雨だったら売り」というような非常に単純なものでも、ルールを決めてその通りに売買すればシステムトレードでありますし、プロが複雑なシステムを使って売買ルールを導き出すのもシステムトレードなのです。

 さらに売買ルール通りに手動で取引するのではなく、注文自体も自動で行なう自動売買もシステムトレードの一種です。

 売買ルールを決めても、確実に実行しなければシステムトレードの効果が十分発揮できないことから、徐々に自動売買が主流になりつつあるようです。

 
posted by FX会社 at 21:32| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

NTTスマートトレードがFX事業を終了

 NTTスマートトレードは、FX(外国為替証拠金取引)事業を6月30日(木)をもって終了すると発表しました。希望者には、同社のカバー取引先であるセントラル短資FXに口座とポジションを引き継ぐ取り扱いを行ってくれるということです。

 NTTスマートトレードに現在口座を持っている人は、6月24日(金)のマーケットクローズまでは通常どおりに取引を行うことができます。ただし、受け渡し取引については6月17日(金)17時まで、両替は6月23日(木)17時までの受付となっており、注意が必要です。

 セントラル短資FXへの口座とポジションの移管を希望する場合は、取引画面や会員ページ等から、口座移管の希望を伝えてください。セントラル短資FXの「FXダイレクト」もしくはセゾン外貨FXのいずれかに、6月24日(金)のマーケットクローズ時点の口座を、そのまま移管することができます。

 一方で、セントラル短資FXへの口座移管を希望しない場合も同様に、取引画面や会員ページ等からその旨を伝えたほうがよいそうです。

 ただし、口座移管を希望しない場合は6月24日(金)のマーケットクローズまでに、自分でポジションを決済しなければならないため、もし、ポジションを保有していた場合は、6月27日(月)午前9時の実勢レートで決済されることになります。

 なお、詳細等は、NTTスマートトレードのサイト等でご確認ください。

posted by FX会社 at 06:50| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

スマートフォン向けFX 取引アプリケーション「FX anywhere」提供開始

 株式会社マネックスFXは、2011年4月上旬(予定)より店頭取引<外貨de サポート>向けにスマートフォン(iPhone(R)/Android(TM))対応FX取引アプリケーション「FX anywhere」の提供を開始することになりました。

 マネックスFXでは、これまで携帯電話4キャリアのモバイルブラウザやNTTドコモiアプリに対応するFX取引ツールを提供してきました。現在、取引全体のうち1割強が携帯電話経由となっており(2011年2月、約定件数ベース)、スマートフォン経由でのお取引に対するご要望も増加しているため、スマートフォン向けFX取引アプリケーション「FX anywhere」を開発したということです。このアプリケーションの提供によって、さらなるお客様の取引ニーズに応えることができるということです。

 この「FX anywhere」の開発にあたり、外出中や少しの空き時間などにすばやく取引できる使い勝手の良さを重視しました。パソコンに比べて小さなディスプレイ上であっても使いやすさを損なわないよう、必要な機能を厳選して表示できる設定機能を設け、初めての利用の時にも迷わずに操作できるシンプルなデザインになっています。一方で、FX取引に必要な要素は網羅し、以下にご案内する機能を搭載しております。

■ FX取引アプリケーション「FX anywhere」の主な機能
・ 使いやすく、迷わずに操作できるシンプルなデザイン
􀂾 ホーム画面にレートボードを配置、通貨ペアをタップしてチャートを表示
􀂾 画面を横に倒すと、チャートを全画面表示
􀂾 タブをタップして、通貨ペアの表示数を簡単切り替え
􀂾 ログイン後は、通貨ペアをタップして注文画面に遷移し、スピーディーに注文開始
􀂾 押しやすいサイズ・デザインのボタンや、メニューの名称のわかりやすさにも配慮し、操作のしやすさを追求

・ 豊富な注文種類
􀂾 成行注文、ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、トレール注文、複合注文(IFD、OCO、IFDOCO)の8 種類の注文方法を利用可能
􀂾 注文の確認、訂正が可能

・ 高機能なチャート
􀂾 7 つの足種と12 種類のテクニカルを搭載
􀂾 トレンド系・オシレーター系 2 種までを組み合わせ可能

・ タイムリーに配信されるマーケット情報
􀂾 2 種類のニュース速報(「T&C FX wave」、「MarketWin24」)を配信



posted by FX会社 at 06:48| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

クリック証券、フォレックス・トレードのFX事業を4月1日に承継

 GMOインターネットグループのクリック証券は15日、同日開催の取締役会において、同社完全子会社のフォレックス・トレードが営む外国為替証拠金取引(FX)事業を、2011年4月1日を効力発生日として、クリック証券を承継会社とする吸収分割の方法により、承継することを決議し、2月15日付で吸収分割契約を締結したと発表した。

 フォレックス・トレードは、2009年4月の営業開始以来、主にFXサービスを個人投資家に提供してきたが、「ここ数年のFX業界は、相次ぐ新規参入業者の登場、証券各社の外国為替証拠金取引事業の強化などにより、顧客獲得を目的とした価格競争が相当程度まで進むなど、業者間競争が激しさを増してきている」(クリック証券)。

 また、「今後予定されているさらなる証拠金規制などにより、業界を取り巻く環境はより一層厳しさを増す見通し」(同社)で、クリック証券グループの外国為替証拠金取引事業においても、「より一層の競争力の強化が必須である」(同)。

 このため、クリック証券およびフォレックス・トレードは、より有効かつ効率的にクリック証券グループの経営資源を活用することで、FX事業の競争力を一段と高めるため、2011年4月1日を効力発生日として、フォレックス・トレードの外国為替証拠金取引事業をクリック証券に統合することにした。

 今回の吸収分割契約の締結並びに事業承継により、フォレックス・トレードが提供する「アプローズFX」は、2011年4月1日から、クリック証券のFXサービスとして提供し、4月23日から、同社FXサービス「FXネオ」へ統合する予定。

 クリック証券では、フォレックス・トレードを利用している顧客に対し、「アプローズFX」の取引に関する今後のスケジュールなどについて、フォレックス・トレードのホームページで確認するよう呼びかけている。




[マイコミジャーナルニュース]より




 この業界の競争激化が激しさを増している現れですね。中小を中心に撤退や廃業が続いていきそうな気配ですが、割と新しい業界ですが、大手の進出がこの流れを進めているような気がしますね。
posted by FX会社 at 17:08| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

外貨買い最高水準

 個人投資家が米ドルやオーストラリアドルなど外貨の購入を活発化させているようです。東京金融取引所の外国為替証拠金(FX)取引「くりっく365」で、外貨の対円での買い越し規模が過去最高水準となったのです。外国為替市場では中東の政情不安などで円高傾向が続きますが、個人は海外景気の回復などを材料に相場反転を見込んで、積極的に外貨買いを進めているのです。外貨買い・円売りは、新興・資源国を中心に高成長への期待が強く、将来的に対円で外貨が上昇するとみているようですね。
posted by FX会社 at 16:24| FX会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。